スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アシタバへカムバック

 現在は梅雨の真っ最中。来週には多分梅雨明けとなると思われるが、ここ4週間ほど左足が痛み、いろいろな問題点が出てきている。なぞの腫瘍「脊索腫」がついに足に来たかと思われるが、最初は歩行にはあまり支障がなかった。それで太極拳もやっていたが、6月初めの練習の時に、陳式で左足を思い切り踏み込んだところ、転倒してしまった。その前から左足にしびれがあった。それを無視して、同じ気持ちで足を踏み込んだら転倒した。
 それから、最初坐骨神経痛のような痛みが走り、左足の甲が末梢神経が切れたようにピリピリと痛み、ついに歩行困難となった。最初ハリをやったりしたが余計痛くなったので、やめて整形外科に行った。ハリの先生が地元の町の整形外科のほうが、大学病院よりも痛み止めなどの薬をくれるというので、探して神田駅前の整形外科にいった。しかし、そこの40がらみの先生は足の甲をロクに見もしないで文句をいい、「脊索腫」について論争となった。とにかく「痛み止め」をくれといって、そこを辞した。
 次に行ったのは小川町のキリスト教クリニック。検診など何度か行ったことがあるが、整形外科は初めてだった。最初足の骨折かと思い検査をしてもらったが、それは大丈夫だった。ただ「骨折」のほうが、私としては原因がはっきりするので、楽だった。もしそでないとすれば、「脊索腫」が足にきた可能性が強くなり厄介だった。
 その時ひらめいたのは「脊索腫」に侵されながら20年近く生きている名古屋の桜井さんのことだった。彼女に再度電話して、ようすをうかがった。彼女はアシタバを毎日取りながら元気に暮らしているという。それで早速私もかってやっていた、アシタバに戻り、粉末を求め、デパートで生葉を買った。アシタバはしばらくやっていなかった。その後、田七人参やびわ茶をやるようになったので、自然に遠のいたのだが、「痛み」に直面して桜井さんの勧めで再度アシタバをやるようになっている。2カ月ぐらい続ければひとつの効能が見えてくると思っている。
 したがって現在は田七人参、アシタバ、自家製天仙液、十全大補湯を中心にしたラインアップとなっている。
スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

taolin

Author:taolin
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。