スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脊索腫への正しい対応

仙骨由来の「脊索腫」に関して、これまでできるだけの情報を集めてきた。まず「治療法」は確立していない。おそらく症例は少なく、治験といわれるものが圧倒的に不足しているし、これまで整形外科のお医者さんによる、「仙骨摘出手術」が最も多くの事例を残し、学会発表などが行われているのみのように思われる。抗がん化学治療は効かず、放射線治療も効果がないといわれている。
 しかし、これまで見てきた「仙骨摘出手術」の事例の結果は、目にも悲惨な実例ばかりだ。1)10年間に9回手術を行い、仙骨摘出、左足切断、右足切断の手術を大病院で行って、だるまのようになって死んでいった60代の男性(介護した奥さんが後に記録を出版)、2)ネット上で公開されている摘出手術を行った後の、後遺症のひどい痛みについて、父親の様子を記録した娘のウェブ、3)同様に、妻の仙骨摘出手術とその後の痛み(重要神経を5本切断したことによる)を記録した70代男性の看護記録などなど。ある放射線科の医師は「医師として、この手術は決して受けたくない」とも述懐している。
 そんな状況と結果しか生まない「仙骨摘出手術」が、「脊索腫」の正しい治療法とは決して言えないだろう。むしろ間違った対応といっても言い過ぎではない。そのことを知りながらも他に方法がないので、治験を増やすために、医者の腕試しと経験を増やすために手術を行っているような気がする。
 仙骨由来の「脊索腫」の治療として、「仙骨摘出手術」がふさわしくないのは、「脊索腫」が通常のがんではなく、ある種の「白血病」と酷似している病態なのにも関わらず、それを手術で治癒しようとする態度にある。間質性の白血病と似て、組織のあらゆるところに入り込んで病巣をつくる。そのため、手術によって、部分的な摘出を行っても、次の部位にすぐ転移発病して、部分的手術による根絶などはあまり望めない。「グリペック」のような間質性白血病の薬が、部分的に有効とみられるのはそのことを示している。むしろ白血病的な視点で取り組んだほうが、脊索腫には有効な面があると思われる。あとは重粒子線、陽子線など先端医療だ。しかし「グリペック」にしろ、先端医療にしろ、高額過ぎて私のような独居老人には手が出せない。お金のクメンが出来るまでは、ただひたすらその周辺で、「グリペック」的効果を発するとみられる安価な方法や、脊索腫を発病する、13番目の遺伝子の欠落を補うような抗変異原物質を探索しながら、人体実験的な方向を目指すしかない。
 私の現状からすれば、おそらく整形外科的には、仙骨摘出手術と左足全切断手術が必要だろう。しかし、そこで失うものや、その後に来る後遺症の酷薄さを思えば、むしろ現状維持のまま、そういった自己流の方法でだましだまし継続することの方が私にとっては納得のいく方法であるような気がする。
スポンサーサイト

免疫についての考え方

 免疫というものについての考え方は、以前にも触れたが、某京都大学教授の考え「人間は多くの要素をdnaに抱え過ぎたため、自分の身の周りの自然界で入手可能なものは、そちらに任せ、dnaの減量化を行ってきた。そのため、まだらの免疫性ができた」という考え方に全面的に賛成。つまり、エイズやがんのような、難病も多くの自然界の要素のなかに、それを乗り越える因子が必ず見つかると考えてもよい。
 脊索腫の場合、dnaの15?番目の因子に欠落があって、それが発生の基になり、抑制が効かない状態が生まれてくるといわれている。その意味で、ある種の菌・つまりある種の麹菌が、このがん発生と伝搬の抑制を行う可能性があるという最近の研究は注目される。15rの欠落を補う事が出来るとしたら、脊索腫抑制の働きの可能性もあるからだ。

アシタバへカムバック

 現在は梅雨の真っ最中。来週には多分梅雨明けとなると思われるが、ここ4週間ほど左足が痛み、いろいろな問題点が出てきている。なぞの腫瘍「脊索腫」がついに足に来たかと思われるが、最初は歩行にはあまり支障がなかった。それで太極拳もやっていたが、6月初めの練習の時に、陳式で左足を思い切り踏み込んだところ、転倒してしまった。その前から左足にしびれがあった。それを無視して、同じ気持ちで足を踏み込んだら転倒した。
 それから、最初坐骨神経痛のような痛みが走り、左足の甲が末梢神経が切れたようにピリピリと痛み、ついに歩行困難となった。最初ハリをやったりしたが余計痛くなったので、やめて整形外科に行った。ハリの先生が地元の町の整形外科のほうが、大学病院よりも痛み止めなどの薬をくれるというので、探して神田駅前の整形外科にいった。しかし、そこの40がらみの先生は足の甲をロクに見もしないで文句をいい、「脊索腫」について論争となった。とにかく「痛み止め」をくれといって、そこを辞した。
 次に行ったのは小川町のキリスト教クリニック。検診など何度か行ったことがあるが、整形外科は初めてだった。最初足の骨折かと思い検査をしてもらったが、それは大丈夫だった。ただ「骨折」のほうが、私としては原因がはっきりするので、楽だった。もしそでないとすれば、「脊索腫」が足にきた可能性が強くなり厄介だった。
 その時ひらめいたのは「脊索腫」に侵されながら20年近く生きている名古屋の桜井さんのことだった。彼女に再度電話して、ようすをうかがった。彼女はアシタバを毎日取りながら元気に暮らしているという。それで早速私もかってやっていた、アシタバに戻り、粉末を求め、デパートで生葉を買った。アシタバはしばらくやっていなかった。その後、田七人参やびわ茶をやるようになったので、自然に遠のいたのだが、「痛み」に直面して桜井さんの勧めで再度アシタバをやるようになっている。2カ月ぐらい続ければひとつの効能が見えてくると思っている。
 したがって現在は田七人参、アシタバ、自家製天仙液、十全大補湯を中心にしたラインアップとなっている。
プロフィール

taolin

Author:taolin
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。